狛犬は見ていた・・・島原大変肥後迷惑の目撃者を南島原で発見!

日記

どうも!涙からの水蒸気爆発くらりんです。

前回、島原大変肥後迷惑の痕跡である熊本県玉名市にある津波石の話をしました↓

今回の記事は、前回と同じく島原大変肥後迷惑の痕跡の話です。なんと、200年前に発生した大津波を経験している狛犬が南島原市にいるんです!

狛犬は見ていた

場所は南島原市布津町にある熊野神社。

こじんまりとしつつ歴史ある神社です。
この神社には小さな狛犬がいます。

神社の入り口
熊野神社の狛犬
もう一体の狛犬

この狛犬には言い伝えがあります。
約200年前の島原大変肥後迷惑の時、この地を津波が襲いました。
その時にこの狛犬は津波を被りつつ、流されなかったというお話です。

可愛い顔をしてますが、200年超もこの地にいる大先輩なんですよ!

50m超の津波が襲った

この神社がある旧布津町には「布津断層」という断層があります。
島原半島の真ん中には「雲仙地溝」と呼ばれる地溝があります。布津断層はこの地溝の南東側にある断層です。つまり、布津断層より北側は沈んでおり、南側の方が高くなっています
断層の北側にあたる島原にて、眉山の一部が崩れて津波が発生。津波は布津断層の崖を駆け上りました。その結果、布津では約55mという島原半島内で最も高い津波が記録されています。

布津断層

布津断層の先端にあたる大崎鼻に位置する「こんぴら公園」から、海側へ歩いて行くと津波による犠牲者の供養塔があります。

海に向かって立つ供養塔。すぐ近くは崖なので要注意!

断層上からの景色は美しい

前述の「こんぴら公園」からは、美しい雲仙火山が拝めます。
しかし、当時遠くに見える眉山がまさか崩壊するなんて、しかもそれによって村が壊滅するとは誰が思ったでしょうか。

こんぴら公園からの雲仙火山 一番右の山が眉山

ちなみに布津には、「鶏の白石」という地元民に大人気の唐揚げ屋があります。
散策された際は、ぜひ寄ってみてくださいね〜!
https://tori-shiraishi.jp

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました